I AM


一定期間更新がないため広告を表示しています


| author : スポンサードリンク | - | - |
アカ族

みなさん、ご無沙汰しています。お元気ですか。
わたしのタイ生活も1年を過ぎ2年目に入りました。

3月末のことになりますが、一度ぜひ会ってみたいという人に会ってきました。
ご存じの方も多い、首長族です。
タイには、首長族が各地で見られます。首長族が住むところは、一か所ではありません。

大学の授業で、わたしは環境科学を専攻していました。
その時、こういった民族の観光化についても考えさせられました。

結論、行ってみて、彼らが生きていく手段のひとつとして、このビジネスはなくてはならないものになっていると感じました。
写真の彼女が持っているものは、観光客からの差し入れのお菓子です。

タイ文化の影響を受けざるを得ない山岳民族たち。
もちろん、民族を伝統をそのまま守っていきたい人もいるだろうけど、子供を学校に通わせるために、それを商売にすることは、仕方のないことなのかもしれません。
でも、不思議と男性の姿はどこにもありませんでした。
男性は、やはりタイ社会に働きに出ているのでしょうね。。。

これからもマイペースではありますが、更新していきますので、よかったらのぞいてくださいね☆

| author : ai | travel 2008 | comments(2) |
| 1/1 |